【第二種電気工事士】技能(実技)試験の練習どうすれば?オススメの工具、参考書について

  • 6月 28, 2019
  • 1月 7, 2020
  • DIY
  • 132view
DIY

 

みなさんこんにちは。

今回は、実際に受験し無事合格できた、

第二種電気工事士試験技能(実技)試験ついて紹介していきたいと思います。

 

第二種電気工事士 技能(実技)試験について

 

 

 

技能(実技)試験の受験資格

 

1.筆記試験に合格した者

上期(下期)筆記試験(上期は6月頃に、下期は10月頃に実施されます。)で合格した方は、上期(下期)技能試験の受験資格を得る事ができます。

2.筆記試験免除対象者

こちらは、複数あります。

 

1.前回の筆記試験に合格した者

例えば、上期筆記試験に合格して、上期技能試験を受験したが不合格となってしまった場合

同年度の下期 第二種電気工事士試験の筆記試験のみが免除されます。

(下期筆記試験に合格して、下期技能試験が不合格となってしまった場合は、翌年度の上期 第二種電気工事士試験の筆記試験のみが免除されます。)

2018年度下期筆記試験に合格後に技能試験で不合格だったので、

改めて2019年度下期の第二種電気工事士試験を受験しても筆記試験は受験することになりますのでご注意ください。

 

2.高校以上の学校において、電気工事士法で定める過程を修めて卒業した者

一般財団法人 電気技術者試験センターの回答では下記の通りの回答されています。

学校教育法による高等学校以上の学校において、
電気工事士法で定める電気工学の課程を修めて卒業した方は第二種電気工事士試験の筆記試験が
免除対象となります。
電気工事士法で定める電気工学の課程は下記の7科目です。
「電気理論」・「電気計測」・「電気機器」・「電気材料」・「送配電」・「電気法規」・「製図(配線図を含むものに限る)」
科目の詳細等については、卒業された学校へお問い合わせください。

筆記試験免除用証明書は、一般財団法人 電気技術者試験センターのホームページ内(https://www.shiken.or.jp/zyukenannai/index.html)にあります。

ただ、学校に連絡して書類を作成する必要があるので少し面倒そうですね。

 

3.電気主任技術者免状取得者

こちらは、電気工事士よりも難易度の高い資格でありこちらが取得できるほどの知識があるのであれば、

電気工事士試験は片手間で合格されてしまうと思います。

電気主任技術者は保安や監督を行うための資格であり、電気工事士は電気工事を行うための資格というとわかりやすいと思います。

 

 

技能(実技)試験の問題数と試験時間

 

技能(実技)試験は、試験を実施している一般財団法人 電気技術者試験センターから毎年1月に公表される(候補問題)13問の中から出題されます。

上期試験、下期試験どちらも必ず候補問題13問の中から出題されるので、合格するためには全てを確実に作れるようになる必要があります。

試験時間については、40分間となっています。

 

試験の合否について

 

試験の合否基準は、欠陥のないものについてのみが合格となります。

大きく分けると

1.未完成のもの

2.配置、寸法、接続方法等の相違

3.誤接続、誤結線のもの

4.配線器具の極性が施工条件と異なっている

5.電線の損傷

6.リングスリーブ(E形)の圧着接続部分

7.差し込みコネクタの差し込み接続部分

8.器具への結線部分

9.金属管工事部分

10.合成樹脂可とう電線管部分

11.取付け枠部分

12.そのほか

となります。

詳細は参考書やセミナー教材等、ほとんどのものが候補問題ごとに

欠陥に関する注意点を写真付きで詳しく解説されて記載されています。

 

技能(実技)試験対策で必要なもの

 

参考書

まずは、参考書ですね。

第二種電気工事士の参考書は、いろいろあって私もどれにするか非常に迷いました。

いろいろ迷って最終的に選んだのは、

技術評論社 第二種電気工事士試験完全攻略 合格への最短ステップ! 技能試験編 佐藤共史著 です。

(私は2018年度に受験しましたので購入したのは2018年版ですが、

2019年版についても内容や構成については大きく変わっていないと思います。)

 


 

こちらは写真も多く、施工手順、欠陥と判定される部分の注意点、完成写真も分かりやすかったので選びました。

私自身、複線図を描くのが苦手でしたが、書き方も丁寧に書かれていたので書けるようになりました。

(技能試験では作り慣れていた試験問題が出たので、複線図の出番はありませんでしたが。。。)

参考書選びに悩まれている方は、書店にも置いてあると思うので候補に入れてみてはいかがでしょうか。

 

指定工具

 

1.ペンチ(呼び寸法175mm)

2.プラスドライバー(No.2)

3.マイナスドライバー(先端幅5.5mm)

4.電工ナイフ

5.スケール(コンベックス)

6.ウォーターポンププライヤー(全長200mmくらいのもの)

7.リングスリーブ用圧着工具(JIS C 9711:1982・1990・1997適合品)

 

上記の7点がセットとして販売されているものが多くありますので、

買い間違える心配もなく、探す手間が省けて非常にラクなのでセット買いすることをオススメします!

私はこちらのセットで試験に臨みました。

 


 

その他にあったら便利なもの

 

・ケーブルストリッパ 

これは絶対に買ったほうがいい非常にオススメの工具です。

私は後から気づいて追加で購入しました。


 

これ1本で、VVFケーブルの外装被覆の剥ぎ取り、絶縁被覆の剥ぎ取り、心線の切断、心線の輪作りが出来るので

工具を持ち替える回数が少なくなり、製作作業の時短ができます。

 

よりオススメはこちら!

上で紹介したHOZAN P-958があらかじめセットとなっています。


 

 

練習に必要な材料

 

参考書、指定工具が揃えば、あとは候補問題を作るのに必要な材料です。

必要な材料ですが、数が非常に多く自分で一つ一つ集めて行くのは大変です。

ホームセンターに行けば全部揃ってしまうのですが、材料を集める時間があるのであれば練習時間に充てた方がいいと思います。

こちらもネットで材料すべてがセットとして販売されていますので、購入されることをオススメします。

 

ちなみに私は、技能試験までに候補問題全13問を3周やりました。

やはり、工具の扱いに慣れて、候補問題をスラスラと身体で覚えてしまうくらい出来るまでやる方のがいいと思います。

最初に3周分のセットを買うのも良いですし、練習器具セットのみを購入して、

1番消費するケーブルはホームセンターで購入したり、ケーブルのみのセットもネットで買えますので

練習用の材料の買い方はどちらでも良いと思います。

 

器具+ケーブルのセット


 

器具のみのセット


 

ケーブルのみのセット


 

 

練習用器具が若干違うもの(メーカーによるため)もありますが、器具は同じですので問題はありません。

時間内に正確に欠陥なく課題を完成させるためには、ひたすら練習あるのみです。

ちょっとした時間でもコツコツ練習して1発合格を目指しましょう!

 

電気系のDIYについてもまとめました!

ぜひご覧ください。

 

関連記事

  みなさんこんにちは。 突然ですが、マイホームをお持ちのみなさんの中で   [word_balloon id="unset" position="L" size="M" balloon=[…]

電気工事DIY
関連記事

  こんにちは。 DIY人気の中、大切なご自宅を少しでもおしゃれにしたい!雰囲気を変えたい! と思われる方も少なくないと思います。   ここでは大型商業施設やカフェ等の店舗照明によく[…]

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

最新情報をチェックしよう!