手術室

【粉瘤(ふんりゅう)手術 】医療保険は支払い対象なの?治療費公開

手術室

 

【粉瘤(ふんりゅう)】

別名アテロームという腫瘍が首の部分に出来てしまい、今回生まれて初めて外来手術を受けました。

 

また初めて加入している医療保険から保険金を受け取りました。

保険請求も初めての経験だったのですが思ったより簡単だったので

 

もし、同じように粉瘤ができて治療や費用について不安や心配に思っている方の参考になれればと嬉しいです。





 

【粉瘤(ふんりゅう)手術 】医療保険は支払い対象なの?治療費公開

粉瘤とは

 

粉瘤について調べてみると、

皮膚の下に袋状のものが形成されてそこに垢や皮脂が溜まっていくことで出来る良性の腫瘍で、

痛みもないため放置されてしまう方も多いようです。

私も首に出来た時は痛みも異物感、違和感も特になく自分で触らない限りは特に気にならなかったのですが放置していると大きくなっていくという事だったので、手術することにしました。

 

粉瘤切除までの手術について

 

診察を受けると、私の場合は、粉瘤のできている部分が化膿を起こしているとの事だったので

まず、切開して膿を出す手術が発生しました。

理由としては、膿を出して炎症が落ち着かないと切除ができないとの説明でした。

掛かった費用ですが、手術代で約5,400円ほど、抗生物質や痛み止めの薬代で1,500円ほど掛かりました。

(炎症が出ていなければ、1回で粉瘤の切除まで手術が終わったとの事だったので余計にお金が掛かってしまいました。)

 

ちなみに膿を出す為の切開術で1番痛かったのは、最初の部分麻酔でした。

複数箇所に麻酔を打つのですが、1発目が痛かったです。

痛みの強さとしては、インフルエンザの予防接種くらいの痛みに感じました。

 

膿を出してから1週間後、粉瘤を切除しました

 

炎症も収まり、ついに粉瘤の切除手術を行いました。

粉瘤切除に掛かった時間としては、20〜30分くらいで終了しました。(麻酔〜縫合まで)

やはり、手術の中で1番痛かったのは、部分麻酔でした。

ただ、前回の部分麻酔と違って、痛みが3割増くらい強かったです。(おそらく、前回よりも深くまで針を刺して麻酔をしたのだと思います。)

麻酔が効いてしまえば痛みはなく、切除と止血、縫合まですぐに終わってしまいました。

今回も、手術代で約5,400円ほど、抗生物質や痛み止めの薬代で1,500円ほど掛かりました。




手術から1週間後、抜糸(ばっし)、診断書の請求

 

手術から1週間後に抜糸をしに来てくださいとの事だったので、1週間後に診療をしました。

抜糸なので、ものの2分程ですぐに終了しました。

掛かった費用も、380円くらいでした。

合わせて、粉瘤腫の切除は医療保険が適用されて

手術給付金(私の場合は約75,000円)が支払われるとの事だったので

(このような事があると、医療保険に加入をしておいてよかったなと感じます。)

医師に診断書を書いてもらうよう依頼して、

現在は、診断書の完成を待っているところです。

(診断書は医師が作成をしてくれるので、自身は診断書を保険会社に送付するのみです。)

(なお、診断書の作成には相場で約3,000円ほど掛かるそうです。 相場なので、病院ごとに価格差があります。)

医療保険に加入して2年以内に発生した傷病に関しては、保険金の請求に診断書が必要となるので

自身の加入している医療保険がいつ契約したものかを保険担当者に確認する事をオススメします。

また、現在加入している保険の内容が、

自身の状態(年齢や家族構成)に合っている内容なのかを見直してみるのも強くオススメします。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。




手術室
最新情報をチェックしよう!