電気工事DIY

大人の趣味!ワンランク上の電気工事DIYがおすすめな理由

  • 10月 18, 2019
  • 1月 7, 2020
  • DIY
  • 469view
DIY 電気工事DIY

電気工事DIY

 

みなさんこんにちは。

突然ですが、マイホームをお持ちのみなさんの中で

 

もっとコンセントを増やしたい!!

 

自宅の照明を増やしたい!!

 

など電気関係のお悩みや要望を持っている方はいらっしゃいますか?

今日はそんな悩みを解決できるかもしれないワンランク上の

電気工事DIYについてご紹介させていただきます!

 




大人の趣味!ワンランク上の電気工事DIYがおすすめな理由

 

電気工事DIYがおすすめな理由それは

費用対効果、すなわちコスパがいい!ということです。

電気工事DIYがなぜコスパがいいのか?

そもそも電気工事DIYってなに?という部分から

私が資格を取ろうと思ったきっかけからお話していきます。

 

電気工事DIYとは

スイッチ

通常のDIYは木材を加工して棚や机を作ったりするのが一般的ですが、

電気工事DIYは、電気に関する専門資格を取得した方ができるDIYです。

DIYの例としては

・コンセント、スイッチの配線工事

・照明器具の直付けなど

があげられます。




【国家資格】電気工事士の資格が必要

 

主に自宅のDIYを行う際には国家資格の

第二種電気工事士一般住宅や店舗などの設備の工事に従事可能)

の資格が必要となります。

無資格で取り付けを行う事は、法令違反となりますので絶対にやめましょう。

また知識のない方が取り付けを行うと感電、漏電火災等の危険があります。

 

 

 

電気工事DIYとの出会い

 

きっかけはマイホームの購入

 

昨年、念願のマイホームを購入しました。

注文住宅だったのである程度打ち合わせの段階で

コンセントの位置や照明の位置の希望を伝えていましたが、

実際に住んでみると、

思ったよりダイニングの上が暗いな…ここに照明を増やしたい!!

という悩みが出てきたんです。

こればっかりは住んでみないと分からない事だったので当時はしょうがないか…

で、すませてしまおうか迷ったのですが、

高いお金を出して買ったマイホームだからこそより自分好みにしたい!

という強い思いからなんとかすることはできないのか?と考え始めました。

 

ただ、これまでやってきた電気関連の作業といえば、

実家の電球交換くらいで電気配線をして照明器具の取り付けを行うなんて事は正直思った事もありませんでした。

 

まず初めに思いついたのは近くの工務店への照明の増設依頼。

プロなら照明配線から取り付けまで1時間も掛からずに終わらせてしまうでしょう。

 

ただ問題は費用面でした。

調べたところ、どんな照明器具(ダウンライト、引っ掛けシーリング、LEDライトなど)を取り付けるかにもよりますが

平均して数万円代の費用が掛かるとのこと。

 

マイホームを購入後、出費が重なりとにかく業者に頼めるほどの余裕がなかった私たちは

妻とも何度も相談した結果、止むを得ず業者に頼むことは諦めました。




 

それでもなんとかして照明問題をクリアしたい!という思いを捨てることはできずにいました。

そんな時ふと、今流行りのDIYでなんとかならないか?と調べることに。

すると、資格を取得すれば自分でも照明やコンセントの増設ができる事が判明!

それが電気工事DIYとの出会いでした。

 

それまではモノを作ったり、設計したりという事が好き!

とまではいかないものの、何かの作業をするというのは嫌いではなかったので

この機会に電気工事士の資格取得にチャレンジすることにしました。

 

 

第二種電気工事士を取得!

 

電気工事DIYをしてみたい!という思いから資格を取得することを決意。
勉強期間は約2ヶ月ほど。
仕事もあったので平日と休日に時間を見つけながら少しずつ勉強し、幸いにも無事に1回で合格する事ができました。
ちなみに第二種電気工事士は学科と実技があって実技では実際にケーブルを使い、回路を完成させる試験になっています。
第二種電気工事士試験についての内容とに必要だったものをこちらの記事でまとめてあります。
あわせて読みたい

  みなさんこんにちは。 今回は、実際に受験し無事合格できた、 第二種電気工事士試験の技能(実技)試験ついて紹介していきたいと思います。   第二種電気工事士 技能(実技)試験について […]

ちなみに、取得までにかかった費用は約6万円でした。
内訳は、
・書店で購入したテキスト代
・実技で使用する工具類
・実技の練習で使用するケーブル・端子等の材料費
・資格証を取得するための収入印紙代
などです。
サラリーマンの私にとって決して安い金額ではないので1発合格して本当に良かったと思っています。




はじめての電気工事DIY

配線

 

電気工事士の資格を取得後、早速自宅で電気工事DIYにチャレンジしました!

 

直付けダクトレールをDIY!

 

ダイニング上の照明が暗く、もう少し灯りが欲しいと思っていたのでダイニング上の壁に照明をつけることにしました。

少し緊張しましたが、電気工事士の資格を有する直付けダクトレールの設置にトライしました。

 

設置した照明の実際の画像です。

照明

 

どうでしょうか…?

我ながらはじめてにしてはうまくできたのかなと思っています。

 

実際の費用・所要時間は?

 

今回のDIYでかかった費用をお伝えします。

 

費用:約1万円

所要時間:約3時間

 

今回は天井ではなく壁への取り付けだったため少々資材費が掛かり、約1万円くらいでした。

ちなみに、業者に依頼した場合は長さにもよりますが2万〜が相場のようです。

材料は全てネット注文で揃える事ができました。

非常に安価にお部屋をオシャレにする事が出来たので今回は大満足の結果でした!

 

電気工事DIYのコスパは?

 

記事の冒頭で電気工事DIYのおすすめポイントがコスパがいい事!とお伝えしました。
しかし資格取得費用を考えると1、2箇所の照明取り付けのみでしたら地域などによっては業者に依頼した方が安い場合もあるため注意が必要です。
ただ、個人的には絶対に持っていて損はない資格だと思っています。
DIY以外にも何か電気系のトラブルが自宅で起きた時に知識が多少あることで対処法も変わってくるのではないかと感じています。
妻も資格があることで安心と言ってくれています。

 

おわりに

 

電気や

いかがでしたでしょうか。

大人の趣味として大流行中のDIYですが、専用の資格を持つことでさらに自分好みの空間へ変えることが可能です。

また、経験を積むごとにクオリティの高いものが作れてやりがいを感じられることが電気工事DIYの素晴らしいところだと思います。

ぜひこの機会にワンランク上のDIY、電気工事DIYにチャレンジしてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

あわせて読みたい

こんにちは。 テレビや雑誌等、なんでも自分で欲しいものは自分で作ってしまおう!と広く紹介されています。 いまや、多くの方が始められているDIY。 今回はDIYを始めるのに購入した工具を紹介していきたいと思います。 […]

あわせて読みたい

こんにちは。 今回はネジを潰してしまった時の必需品を紹介します。 DIYをされている方はよくあると思いますが、サイズの合っていないドライバーを使ってしまい ネジを潰してしまってネジが取れなくなってしまったなんてこと[…]

 

 




電気工事DIY
最新情報をチェックしよう!